ルミナスホワイトは効果なし?ルミナスホワイトの効果はどうか?口コミ、成分などを徹底的に調べてみました。

ルミナスホワイトは効果なし?口コミ、成分情報をご紹介

肌荒れとコーヒーの意外な関係!肌荒れを防ぐ有効な飲み方って?



コーヒーが大好きで一日のリラックスタイムには欠かせない、という方は多いと思います。
食後のコーヒーが習慣になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、コーヒーの飲みすぎはやはり気になります。

コーヒーを毎日のように飲んでいると、ニキビなどの肌荒れに悩むことが増えてくるのです。

ニキビができるのは嫌だけど、美味しいコーヒーが全く飲めなくなるのはつらいですよね…。

それに最近では、コーヒーをよく飲む人の方が重大な病気にかかるリスクが少ないといった研究結果が発表されました。
コーヒーに含まれる成分が体にいい働きをすると注目されているんです。

肌荒れを防ぐ有効な飲み方を学んで、コーヒーのいいところを取り入れていきましょう。

肌荒れとコーヒーはどのように関わっているの?

コーヒーを飲みすぎることがどうして肌荒れと関係してくるのでしょうか?
それは、コーヒーに含まれる成分を過剰に摂取することが問題だからなんです。

コーヒーに含まれることでよく知られている成分にはカフェインがありますよね。

カフェインは脳を刺激する作用があり、眠気を覚ましたり、疲労感をやわらげるといった効果が期待できます。
ですがこのカフェインをとりすぎることで、本来はメリットになるはずの作用がデメリットになり、肌荒れの原因となってしまうのです。

カフェインをとりすぎることで起きる、肌荒れに関係する作用は次の2つが考えられます。

睡眠不足になる

カフェインは脳を刺激する作用がありますので、とりすぎると夜の寝つきが悪くなったりします。
睡眠が足りないと、肌のターンオーバーがうまくいかなくなり、肌荒れの原因となります。

利尿作用によってビタミン類が排出される

カフェインには利尿作用があります。このため、ビタミン類も体外に排出されてしまいます。
美肌作りに欠かせないといわれているビタミンCはこの利尿作用によって流れ出てしまうのです。

その他、コーヒーを飲むときに砂糖やミルクをつい多く加えてしまうことも問題です。

砂糖をとりすぎると、ビタミンBを消費してしまう働きがあります。
ビタミンBは皮脂の分泌を抑える機能があるので、減少することで皮脂の分泌が増えてしまい、ニキビのもとになってしまうのです。

ミルクなどの乳脂肪分のとりすぎも、同様のことがいえます。

コーヒーを飲むときはここに気をつけてみて!

それでは、肌荒れが気になるならコーヒーは飲めないのでしょうか?
そんなことはありません。飲み方に気をつければ肌荒れは防ぐことができます。

まず、できるだけ砂糖やミルクを入れないブラックコーヒーで飲むようにしましょう。

飲みづらいという方は、豆乳を加えて飲むのがおすすめです。
大豆に含まれるレシチンという物質には、皮脂の分泌をおさえる働きがあるんです。

次にコーヒーを飲む時間帯に気をつけてみましょう。

空腹時に飲むと、カフェインの刺激で胃が荒れるおそれがありますので、食後がいいでしょう。
そして、夕食後から就寝前に飲むことは避け、できれば朝食や日中の活動時間に飲むようにします。

最後に、1日に飲む量をよく考えてみましょう。

肌荒れを防ぐためには、カフェインの摂取量は1日300mg以下がよいといわれています。
1杯のコーヒー150mlに含まれるカフェインの量は約80mgですから、だいたい1日3杯までを目安にすると安心です。

気をつけて飲むことで肌や体に嬉しい効果も

ここまで、肌荒れとコーヒーの関係についてお伝えしてきました。
ですが、飲む量や時間などに気をつければ、実はコーヒーを飲むことで肌や体に嬉しい効果が期待できるんですよ。

カフェインは刺激物ですので、血行をよくする作用もあります。
血行がよくなると、肌へ栄養素が送られやすくなりますからニキビや肌荒れの予防になります。

また、コーヒーに含まれるポリフェノールは抗酸化作用があり、体内の活性酸素のはたらきを抑えてくれます。
細胞の老化を抑えますので、肌のしわやたるみなどのエイジングケアに効果が期待できます。

さらに、ポリフェノールには抗菌作用もありますので、ニキビや肌荒れを予防する効果も期待できますよね。

まとめ

コーヒーは、少し気をつけて飲めば肌荒れの原因になるどころか、肌荒れを防ぐ嬉しい飲み物になり得ることがわかりました。
今回ご紹介したポイントをおさえて、是非、コーヒータイムを楽しんでくださいね。