ルミナスホワイトは効果なし?ルミナスホワイトの効果はどうか?口コミ、成分などを徹底的に調べてみました。

ルミナスホワイトは効果なし?口コミ、成分情報をご紹介

肌荒れに悩むあなたへ!洗顔方法を見直して美肌を目指そう



毎日当たり前のように顔は洗っていると思いますが、正しい洗顔の方法ってご存じですか?
間違った方法で洗顔を行い続けていると、それが肌への負担となり、肌荒れを引き起こすことにもなりかねません。

今現在肌荒れで悩んでいる方は、一度洗顔方法を見直してみませんか?

ここでは肌荒れを改善するための正しい洗顔方法をご紹介します。
ちょっと見直すだけで肌の調子がずいぶん改善されますので、ぜひ試してみてくださいね。

そもそも洗顔の役割って?

洗顔の役割は、肌についたほこり、汗などの汚れや皮脂、古い角質を洗い落とすことです。
きれいに洗い落とすことによって、肌を清潔な状態に保つことができます。

お化粧をしている方は化粧落としを使いますので、それだけでも汚れが落ちるから洗顔を行う必要はないのでは?と思われるかもしれません。

しかし、化粧落としは主に化粧品の油性の汚れを落としますが、汗やほこりなどは水性の汚れですから、やはり洗顔は別に行う必要があります。

また、朝は洗顔の必要がないと思っている方もおられると思います。
夜洗顔した後は寝ているだけだから、たいして汚れていないはず…と考えてしまいますよね。

ところが、寝ている間にも肌は汚れてしまうんです。

人間は寝ている間でも、コップ約1杯ぶんの汗をかくといわれているんですよ。
それに、寝ている間にも皮脂は分泌されていますし、寝具のほこりなどが顔に付いたりもしますよね。

ということは、朝も肌は汚れているのです。
洗顔料を使って朝も夜も正しく洗顔を行うことで、肌を清潔な状態に保ちましょう。

正しい洗顔を行うことが、美肌をととのえる基礎ということになりますね。

こんな洗顔方法はNG!やってはいけない5つのこと

洗顔が美肌作りの基礎になるということはわかりましたが、ただやみくもに洗顔をすればいいわけではありません。

皆さんは次にあげるような洗顔の仕方をしていませんか?

間違ったまま洗顔を繰り返すと、肌荒れを引き起こす可能性があります。

代表的な間違った洗顔の仕方を5つ紹介しますので、チェックしてください。

ゴシゴシと力をかけて顔を洗っている

皮脂や毛穴の汚れが気になると、つい力をかけてゴシゴシと洗ってしまいがちです。
この方法だと肌が傷ついてしまい、乾燥をまねくおそれがあります。

1日に何度も洗顔する

皮脂やテカリが気になるからといって、1日に何度も洗顔をすると逆に洗いすぎになってしまいます。
洗いすぎると、肌に必要な水分や油分まで失ってしまいますので、乾燥や皮脂の過剰分泌といったトラブルの原因になります。

洗顔料を洗い流すときに熱めのお湯や冷水を使っている

すっきりさせたい…と思って熱めのお湯や冷水で洗顔料を洗い流すのもよくありません。
熱いお湯で流すと必要な水分や油分が奪われてしまいます。

冷水は肌が引き締まる感じがすると思われますが、それは肌が一時的に冷えているだけなので、急な冷えは赤ら顔や乾燥を
引き起こす原因になります。

じっくりと時間をかけて洗顔する

汚れを落としたいからといって、長時間肌の上に洗顔料をのせてゆっくりと洗っていませんか?
長時間洗顔料をのせて洗っていると、肌への負担になってしまいます。

洗顔の後、タオルで顔を擦るようにして拭いている

洗顔後にタオルでゴシゴシと顔の水分を拭きとっていると、摩擦が起きますので肌に負担がかかってしまいます。

正しい洗顔方法を学ぼう

それではここからは、正しい洗顔方法を学んでいきましょう。

まず、洗顔の前にはきれいに手を洗って清潔な状態にしましょう。
そうすることで雑菌が肌につくことを防げますし、洗顔料の泡立ちもよくなります。

次に、使用する洗顔料はよく泡立ててください。
きちんと泡立てずに使うと、肌と指とのクッションが十分でなくなりますので摩擦が起きやすく、肌が傷ついてしまいます。

うまく泡立てられない方は市販の泡立てネットを使うと、簡単に泡立てられますよ。
ふわふわの泡を作って、優しく肌にのせてくださいね。

泡の乗せ方ですが、まずはおでこや鼻などのTゾーンからのせて洗い、次に頬を洗いましょう。
皮膚がもともと薄い目元や口の周りはデリケートなところですので、最後に軽く泡をなじませる程度で大丈夫です。

顔に洗顔料をのせたら、およそ1分半ぐらいで洗顔料をなじませ、そのあとはすすぎを行います。
長時間のせないように気をつけてくださいね。

すすぎに使うお湯の適温は30度から32度程度です。これは、毛穴から皮脂が浮き出る温度と同じくらいなんです。
これより高い温度だと、肌に必要な皮脂も流れてしまいますので、適温を心がけてください。

手で触れたときにかなりぬるいな…と感じるぐらいがちょうどよいです。

すすぐときのポイントは丁寧に、優しく行うことです。
洗顔料が肌に残らないように30回程度すすいでください。

洗い終わったら、清潔なタオルで優しく水気をとってください。
ゴシゴシと擦ることのないように、優しく当ててくださいね。

その後、時間をおかずに化粧水や美容液で保湿のケアを行いましょう。
洗顔後、肌は乾燥しがちですので、できるだけ早く保湿をしてください。

正しい洗顔を行うとこんな嬉しい効果が!

正しい方法で洗顔を行うと、肌の調子が改善されてきますよ。

必要のない油分や角質がきちんと落とされた肌には、化粧水や美容液がしっかりと肌の奥まで浸透するようになります。
ですので、肌にハリやうるおいが生まれ、お化粧のノリもよくなることが期待できますよ。

また、必要以上に油分や水分が奪われないのでお肌の油分と水分のバランスが整います。
バランスが整うと乾燥が起きにくくなりますので、肌荒れが改善されます。

まとめ

洗顔は、綺麗な肌を作るためにとても重要なお手入れになります。
毎日のことですから、ついいい加減になってしまうかもしれません。

でも、ちょっと方法を見直してみるだけで肌荒れの改善が期待できます。
今回ご紹介した方法を是非、普段の洗顔の時に取り入れてみてくださいね。